スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また 大晦日や

大晦日 12月の最後の日 明日は1月に変わるだけ。

そんな感覚になってから もう長い。 この時期を当て込んだ業者の

喧騒を遠くに聞く。

年が明けると ものみな新しく 光り輝いて見えたのはいつの頃か?


新聞に今年の著名人の訃報欄がある。 心にのこる人が去ってゆく。

胸に耐え難い寂寞感が、こみ上げる。


あと半日 何をすれば今年の帳尻が合うのか?

とりあえず走ってこよう。 

こんな事ばっかりの 一年やったなあ。「反省」
スポンサーサイト

控え-い  控えおろーう。

昨日 今年は雪が降らないと書いた途端に、今朝の出雲は銀世界。

こんちくしょう・・・・。バカにしてやがる。

それでも 風はなく気温も高い。 昼すぎには陽が射してきた 明日は走れる。

気を取り直し図書館に行くも 今日から年末年始の休館。 ごくろうさーん。

本屋で財布を忘れてきたのに気づく。 またねー。

気ぜわしい歳末に 用事のない者はウロウロするなのご託宣と受け取り

神妙に家で控えていよう。

明日のことより・・・・・・。

今冬の出雲は例年と少し様子が違う。 風がない 従って雪も降らぬ。

俺の来た頃の出雲の冬とは、比較に成らぬほど暖かい日が続いている。

晩酌をビールか熱燗か迷うほどである。

ランニングを始める前より体温は、一度以上 確実に上がっている。

この効果か余り風邪も引かない。 それでも日本の各地では記録的な大雪の

報もある。 地軸がずれているのか? イヤな前兆でなければいいが。


年間の走行キロが1300キロを超えた。 ただ走ればいいものでもなかろうが

コケの一念で来年は1500キロを目指そう。

新年はニューイヤー 箱根と続く駅伝でテレビに釘ずけになる。

静かに見ていればいいけれど、口が動きアルコールが過ぎる。 節操のない

だらだら生活を、どれだけガマン出来るかを課してみよう。

その前に年内がきちっと終われるかの、不安が強い。



雑な雑感

安倍総理が靖国神社に参拝した。 中国 韓国は当然に一斉反発である。

政治の駆け引きの見苦しい攻防が、暗い影を落とす。

あと5日で終わる今年に来年の、今頃を思う。

珍しく3、4日風のない日が続く。 穏やかな年末も外面だけ。

裏でしのぎを削っている諸事が、年明けと共に勢いよく噴出するのは

必定。 それも国民泣かせが、はっきりとした形で出てくる。


新年度の目標も立てねば? と思うが今まで達成出来たことがない。

ムダとは知りつつ腕組みする。

今年の走歴は歳相応に満足できた。  (めでたい)としておこう。

餃子で思う

餃子の王将の社長が射殺されたとか。 積雪で外出できずにテレビ見てると

どの局もこれと、都知事辞任ニュースばかり。



俺がガキの頃は餃子なんて、余りなかった。それにファーストフードなどとの

しゃれた店もない。 そもそも外食の習慣も戦争一色では 到底ムリだった。

戦後になって 初めてこんなに美味しいものが、世の中にあるなんてと思ったのが

餃子とホルモンである。大阪の鶴橋や西成では軒を連ねていた。今やビッグネームに

なった新世界の串かつも2軒くらいのもので、1串2円だったことを覚えている。

そんな俺がマックやサーテイワンに、出入りするのだから時代は変わったものだ。


テレビ見ても出てくる顔は、知らない人ばかり。 たまに聞き覚えの名があれば

訃報である。 絶対的なファンだった 鐘紡の長距離王者(田茂井宗一)さんも

今年春亡くなられたそうだ。

なぜ餃子と田茂井宗一?  梅田の阪急東通の中華料理店で 餃子で満腹になり

店を出るとき田茂井さんが数人で入って来られた。友達が「あ 田茂井や」と言う。

チラと目線が合っただけだが、本当に嬉しかった。 その友もすでに居ない。

寂しくなった!  王将の餃子買ってきて一杯やろう。 明日は走るぞ。

無為

三寒四温なのか今日もそれほどの寒さは感じない。 春に向かって

一日 得した思いがする。
 
猪瀬都知事が進退極まって、次が姦しい。 東国原 升添要一 はては

キャスターの安藤優子の名まで出てる。

俺的には ドクター中松を推す。

「ふざけるなって?」  本気だよ。 日本の政治 国民の意識ってそんなもの。

なぜこれ程に民度が落ちたのか。  きりっとした昔日の日本が懐かしい。

あと13日で 今年も去ってゆく--------!

ローカル よいとこ一度はおいで

今日は珍しく無風の穏やか日差しに、いつもの練習コースで自分の

記録を出してやろうと飛び出した。  そんなに甘いものではない。

昨日の風の中でのタイムを下回る。 明日が上回ればよいとしよう。


東京にある島根県のアンテナショップが、評判だと新聞にでてる。

自虐的なキャッチフレーズが面白い。

(島根は鳥取県のどの辺ですか) (空いてるは休みじゃなく人がいないんです)

などと そうだなと感じる。 地元のテレビやラジオでも昔は「長岡みずき」さん

だったかの 出雲弁での美空ひばりのヒット曲を聞き、大笑いした事がある。

今は「安来のおじ」かな?  地方のアナウンサー諸氏 変に都会に追随せず

ローカルに徹してるほうが、安心して見られますよ。 

地球温暖化 絶対支持

冬の山陰が正体 現しよった。強い季節風に粉雪が道路を走り

下から吹き上げてくる。 ふん!それがどうした かかってこんかい。

鼻息だけは荒いが一歩外に出て、すぐに引返す。 あかん 息が出来ん。

今日だけ走るの辛抱したるわ。


この陰鬱な気候が人の性格まで 左右しやがる。 温暖の地との格差は

一年の四分の一近く、背を丸め耐えるだけの日々では、暗くなるのも

仕方がないか?  炬燵に熱燗そしてテレビ。 これでは何も開けて

こんなあ__。(屁をひって おかしくもなしひとりもの) 俺のことか。

「明るく いこう ははははははは」   あ___あっ。 寒いわ!


世の中 むつかしいでんな

通院と言うか8週間に一度 徳州会病院に薬をもらいに行く。

そう あの徳州会病院である。 担当の医師はまだ若い そして無類の

ランニング好きである。 富士登山マラソン 奈良マラソンほかの、都市

マラソンに多々出場 片道10キロの通勤ランもこなす本格派である。顔を

あわせば会話の半分は(ラン話)になる。その先生 昨日インフルと肺炎の予防接種を

進言された。 いつもと少し雰囲気が違う。今まで予防接種なんて殆んど受けたことも  

なかったが、遠慮がちに効能を説明する顔つきは、懸命のように思えた。

インフルは即日 一週間おいて肺炎の接種だ。どうでもいいことだが勤務医にもノルマが

あるのかと一瞬思えた。家に帰ってテレビ見ると猪瀬都知事はん5000万の釈明をしてる。

俺の肺炎の接種料が5000円  万の字がひとつないだけで、えらい立場の差である。

先生も気の毒である。 関係ないことなのに いろんな憶測に耐えねばならない。

お互い耐えましょう。いろいろなこと?に。 

雑念払って寒風の中へ、勢いよく飛び出したが妙に寒い。 そうだ帽子忘れてる。毛のない

地肌に季節風が厳しい。

寒いなんてもんや おまへん 

次の大会参加を 来年2月建国記念日にある(くにびきマラソン)と決めた。

寒い山陰でも一番寒い時である。 4,5年前の大会ではゴール後 しばらくは

口の周りが凍結したようになって しゃべれない。記録証を受け取ったときにも

係りの人に礼を言おうとしたが、口が動かない。「あ あ あ」だけで頭を下げて

周りを見ると 誰も同じ状態。 俺と似たようなタイムなので皆さん、入賞には

全く縁遠いランナー。 更衣室へ入ると、もう表彰が始まってる。 横目で見ながら

なぜか熱い(ぶたまん)が食べたくなったのが記憶にある。  蓬莱のぶたまんが

懐かしい。 お好み焼き たこ焼 うどん 関西の、粉なもの人生がまだまだ 続く。

遠いグラウンド

75年間 幼稚園以来の付き合い 同じ大阪は河内のお寺の次男坊 俺が

島根に流れ果てても いつまでも変わらぬ友情を持ってくれてる 唯一の友。

昨夜 もうやめようなと5年前 くらいから言ってるのに またお歳暮がきた。

例により長ーーい 長いお礼の電話。 万病を背負っている彼 昔に比べ随分           

身体も小さくなり 気持ちも弱ってきている。長電話の後半はお互いに「よう

こんなに長い間 付きおうてくれたなあ おおきに おおきに」の繰り返し。

涙で周りが見えなくなった。向こうも「足元に水溜りできとる ははははは」と

泣き笑い。 何もかも忘れる 老いの至福の世界!

その彼 高校時代 陸上800米では一頭地抜けていてインターハイを、俺も遠い遠い 

甲子園を目指し 競い合っていたが、お互いの夢破れたときも 大泣きした。

もう60年以上昔のこと。 あの時のグランドに二人で、もう一度立ちたい。           

うわーーい カニだ

今夜はキララ多伎のログハウスで(我が家の忘年会) といっても持ち家ではない。

国道9号線を松江から西へ40キロ。 海沿いにあるハイカラな道の駅の小高い丘に

何棟も立っている。 6人家族くらいだと広さも価格も手ごろである。カニ鍋だそうだ。

山陰でカニと聞くと立派な松葉ガニを連想するが、40年以上住んでるるが口にした

事がない。多分 鍋の片隅で小さくなってるカニ様の壮烈な分捕り合戦の修羅場となろう。

長い間 地産地消の美句に騙されて、身体に優しいのか財布に優しいのか知らないが         。

地元の野菜や青魚ばかり 食ってたせいか身も心もバリバリの出雲びとになった。


この多伎町で毎年トライアスロンが開催されてる。スイムとランだけだが結構な人気だ。

次回 参加のみなさん。 ここでカニ鍋を食べて実力以上?のタイムがでるように

お祈りします。  ふうーーーーーっ。

 

年月がなんじゃい

七年前 この地の医大で循環器治療のためステントを入れた。以降やはり

何かと健康面に配慮するようになった為か、外観はひどい枯れ木じいさんに

成り果てたが、至極元気である。気にしても仕方がないが元に戻せるならば

上から順に ハゲ 白髪 しみ しわ たるみ 老眼 虫歯 猫背 等ゝで

若い頃に苦労した インキン 水虫の類は向こうが寄生するのに、あきれたのか

退散しよった。 上述のにっくき野郎を他人には「暑い中 寒い中でも走ると

こうなりますねん」と言いつくろってる。 昨日引き出しの隙間に学生時代の

セピア色の写真が一枚 押しつぶされたようにくちゃくちゃになっていた。

(おお 紅顔の美少年よ、、、、、。)俺にもこんな時があったんだと愛おしさに頬ずりする。

年月の非情 残酷を再認識。

今日は晴れてる! 走ってこよう。  しわ しみ もっと増やしたる。 

年末恒例とやら もういらん

今年の流行語大賞が決定したようだ。 初期の頃にはこのイベントも世相を

反映して結構 多忙な年末を楽しませてくれた。

いつの頃からか 訳の分からない芸人などが巾をきかせ、でかい顔で賞を掲げるのを

見てイヤになった。  紅白歌合戦といい 回を重ねれば番組が熟成されるどころか

低俗の極みまで落ちた感がする。 今日も笑えないお笑い芸人が 朝からテレビに

溢れている。 日本の国家が抱える 直面する内外喫緊の問題は全く意識の外。いずれ

そう遠くない時期に 自らの無関心に臍を噛む日が来る。

老いの愚痴ばかり言ってると ほうら見たことか テキメンに雨が降り出した。

ランニンググッズを片付けて 普通のじいさんしてよう!

生きがい そして生きがい

山陰の冬としては珍しく穏やかな日が三日間も続いた。

風もなく穏やかな日差しの中 いつもより少し距離を延ばして走る。

かなり落ち込んでいた心身が、目覚めたように活動するのが嬉しい。

これが世で言う(生きがい)?   出雲で住み高齢の仲間入りしてから

やけにこの言葉が、周辺に溢れてるように思える。

(生きがい)とは人間が生きて行く上で、必要とする心の糧となるべきもの。

老人の特需品ではないはず。それがリタイヤーした途端にその言葉の渦に

巻き込まれた錯覚を覚える。行政の心に負担を感じるほどの積極的な姿勢は

有難いことだが、こんなことは強制されうべき性格のもではなく自然体で

受け入れるべき筋のもの。 定年後 何をなすべくもなく日を過ごす人は

周りには何人もいる。相手もそう思ってるみたいだが それが人の世。

全ての老人が生きがいを得て、大きく動き出せばなんと気味の悪いことか。

いろいろな人がいて形成されているのが社会であろう。

昔は余り聞かなかった認知症も 世の中これだけ複雑になれば当然の如く起こる。

俺はそんな知的社会には縁遠い生き方しかしてこなかったので、幸か不幸かまだ

ボケていないつもり。 あくまで つもり である。 
プロフィール

FC2USER351731WCE

Author:FC2USER351731WCE
ランニングを始めて23年目
少年の頃からやっていた野球も軟式のスピードにもヨタヨタして追いつけず55才で引退
何かお金のかからない遊びは?
あったぞー。
靴一足で一年いけるランニング。ではそろそろと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。