スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来し道は違えども。

70,80才代の方のブログを 拝見する事が多い。

皆さん それぞれにパソコンの前で奮闘されている姿が目に浮かぶ。

何回も見ていると その方の人生に思いを馳せることもある。

いろいろ あったろうに・・・・。よくぞ今日までと賞賛の気持ちが湧いてきます。

70年 そして80年! 

本当に長い月日  辛い日のほうが多かったかもしれない。

それを支えたのは たまに訪れる、ほんの少しの(幸せ)だったのでしょうか?


楽しい そして「うん うん そうだ そうだ」と読者が心休まるブログを これからも

書き続けてください。

同じ時代を 生き抜いてきた皆さんと心が通いあう事を念じて。

  
スポンサーサイト

「さよなら」は 言うから!

全山陰マスターズに参加した。

宍道湖から吹き上げる強い風の中 ムリを承知で3レースを走る。

この 年代になるとメンバーは殆んど固定していて 顔なじみである。


レース後 みんなが三途の川の岸辺に寄り添って 健闘を称えあう。

話題は 不参加の仲間の事になる。

3人くらいが もうダメなのかと・・・・・・・・・?

たまらなく寂しい。

ガチンコ勝負をした 憎っくきやつ。

負けた時 もう顔も見たくないとサヨナラも言わずに帰ったっけ。

あいつが 来ないなんて・・・・・・。


もう一度出てきてくれ。

また 負けても「さよなら」の 挨拶は ちゃんとするよ。

夢舞台

陸上でのリオ五輪出場をかけた 全日本陸上大会が始まっている。

昨日 TVで男女1万米決勝 男女100米予選 男子棒高跳び

ハンマー投等をみたが やはりトラック競技に目が行く。

特に 1万米で何度も佐藤悠基に惜敗した大迫潔が 追いすがる

日本記録保持者の村山を 振り切った雨中のレースは久々に

トラックの醍醐味を味わった。

この二人 オリンピックの聖域に挑む。

イギリスのファラーなどと 競り合いになって欲しいと念ずる。


リオへ行きたしと思えども リオは余りにも遠し・・・・・。

 

もう  ちょっとやのに・・・・。

何事にも中間点がある。

「もう半分か」 「まだ半分か」・・・・・・・・・。

「まだ」のほうが 多かったのに最近は「もう」ばかりである。

その「もう」すら はるか後方に遠去かってしまった。


前向きに頑張ってピッチを上げれば それだけ早く終了となる。

従ってチビチビ 小出しにして様子を見ている。

「きちんと 後の始末をしなさい」の天の声が耳に痛い。

分ってます!

「そやけど・・・・・そやけど・・・・・なかなか・・・・・うーーーん」

これで 傘寿まできたおれに急な(転回)はむりかな とうなだれる。


いままでの通りが いいんやけど。

小声でつぶやいてみる。




世捨て人

「放浪」という言葉に 憧れに近いものが漂う。

(放浪の詩人 画家 作家 歌人等々・・・・・・・・)

それを やり遂げて人生を終えた人が羨ましい。

繋ぎ止める碇から逃れ 波間をたださまようだけの日々が続く。


世の中 決まりごとが多すぎる。

心に負担を感じるのは 己の弱さなのだろうか?
 
すっかり(世捨て人)気分になって 眩しすぎる夏空を見上げる。

グルメ

こんな時季なのに 食欲が旺盛である。

高価なものなんて ほとんど食卓に出ないが関係ない。

どうみても(半額)の ラベルの痕跡がある惣菜が多いけれども

うまいんだなあ! これが・・・。 気分的にも。


グルメというのは なにも高級店や 名の通った店に出向かなくても

手近かに いくらでもある。

要は 食べる者の心だろう。 健康で食する事が出来る感謝の「心」。


・・・・・・と  高級店に行きたくても行けない「下流老人」とやらが 申しております。

詰まらない 本当に詰まらない 独り言。

26日に全山陰マスターズがある。

この時期に天気の心配をしても仕方ないが それなりの対応が必要となる。

3000米 1500米 800米と3時間くらいに 出場制限一杯の3レースを走る。


余り 先もないので走れる間に走ってみようとの(あがき)である。

年中 次の試合のために私生活が束縛されている気も ないではない。

規則正しい 聖人君子の結果は大体(がっくん)と くる事も多いけれど

野球時代のような ヤケ?を起こす事はない。

面白くもない「真面目人間」だと 周囲に見られてるのかな・・・・・・・。

いいーーーーーーえ。

それなりに タガははずれています。  脱線?  OKです。

人生いろいろ・・・・・・・・


島倉千代子が唄っている。



163キロの向こうに・・・・。

日ハムの大谷が163キロを連発している。

信じられないスピード。 速球の域を遥かに超えている。


おれたち世代のプロ野球では 金田正一が速球派ではダン突だった。

コントロール 駆け引き 試合展開クソくらえとばかり 力まかせのピッチング。

素行は悪いわ 三振か四球かのお手本みたいな 投手だが魅力に溢れていた。


今のプロ野球 成熟しすぎて全てが規格の中に納まっている。 選手も然り。

荒々しく戦う野性味に激しく欠ける。

管理野球が支配し 他のスポーツも本質から逸脱し選手も芸人化してしまった。

昔日の面影を追う 老いたる者にはTVに映る 商業化したスポーツは眩しすぎる。


大谷には 何か違うものを求めるのは間違いだろうか?

鍛えぬいた心 技 体で相手に勝つだけ。

その「一途の無心さ」を見たい。







ラン仇

気温の上がったこともあり ソックスなしの練習が続く。

足はあまり汗をかかないし 薄底シューズの素足には

大地を踏みしめる実感が心地よい。

これで タイムが伸びれば万々歳だが そうは行かないのが悩ましい。


ランチ   久しぶりに「マック」へ。

超満員である。 長い間目にしなかった風景が再現されている。

落日を囁かれていた「マクドナルド」  盛り返したのかな?

この業界も 栄枯盛衰が激しい。


変らないのが 我が業界「マスターズ陸上」

前世紀から 知り合いのような選手と毎年戦う。

普段は身内以上の付き合いなのに レースでは他人以下。

スタートラインについた途端に 鼻息が荒くなる。 顔つきが変る。

競り合っても絶対譲らない 鬼畜の如き存在だ。

「憎ったらしい・・・・・・・・・・・いやなヤツ」

でも でも    そいつらが居なければ・・・・・・・・・!。

 おれは    走らない。






罪なオークション

よせばいいのに ネットのオークションに手を出す。

出品されているランニング用品を ふんふんと頷きながら見入る。

おう これがいい。

このウエアー このシューズで行こう!

晴れ姿が目に浮かぶ。

締め切り間近かまで眠いのをガマンして入札・・・・・・・。


翌朝 一番にのぞいて見る。

見事にハズレ。  誰だ いつも横取りするヤツは?

何をしても(手遅れ)の見本ばかり やっている。

それでも たまには「当たり」もある。

(おめでとう あなたが落札されました)と出ている。

それからが大変だ。

取引の詳細を書き込むのに 四苦八苦。

釣った魚を逃がすまいの心境で気がはやる。

何度も やり直して疲れ果てる。

間違いなく商談成立とななった時には 罪を償った科人の心境だ。


そんな 思いをしてまでオークションをしなくても 大型スポーツ店に

行けばいいのにと 周りは冷たい視線。

そやけど・・・・・・・こんなもの あるのが悪いんや。


今日も いいものないかと画面を見ている。

東芝 扇風機

「都知事狂想曲」が終章を迎えた。

連日 この報道ばかりでうんざりしていたので一息である。


次は・・・・・・・?

野次馬根性は(週刊文春)の 発売を待ちかねる。


水無月の真ん中。

湿度の高い 一番イヤな季節。

ウチワだけの涼  東京芝浦の扇風機が懐かしいガキ時代。

友達を集めて 扇風機の頭を振り遊んでいた頃。

力強い軍靴の響きが聞こえていた。

日本は強い国だと教えられた。

今・・?

今は 都知事が象徴している。





逃避行

朝から真夏の日差し。

爽快な気分で練習ーーーーーー。

心とは裏腹にタイムが伸びない。

こんな日のあるのを 何度経験しても落ち込む。


パソコンに向かっていて 古い記事が目についた。

そう言えば10数年前(ロングステイ)に のめり込んだ当時のものだ。

わがままから 生じた身辺事情に嫌気がさし 海外逃避に救われようとした。

身から出たサビ。

経済的に余裕がなく 行く先は東南アジアへと足が向く。

60歳後半には 荷が重過ぎる道だった。

それでも どこへ行くにもシューズだけは忘れなかった。

日本とは 比ぶべきもない状態の悪路と高温。

滴る汗も枯れたなか 「おれは なにをしてるのだ?」と 走りながら自問。

敗れた夢も繕えず 傷心の帰国。

懐かしく 儚い道は途絶えた。

走りながら 考えたいろんなことが甦る。



どうにも ならない(もどかしさ)を抱えたまま 明日もロードに出る。



















行くんだ・・・・!ラン友

梅雨なのに降水量が少ない。 全国的なのかなあ?

お陰で休みなしの練習が続いている。

何をさせても飽きっぽくて すぐに投げ出すおれがこれである。

「心」を捉えて離さないものが 大きくおれを包んでくれている。


明日は ブログで知り合った(ラン友)の本番だ。

ひたむきに ただひたむきに練習をする彼女に「敬虔さ」さえ感じる。

納得できるレースになるように エールに変えておれも同じ3000米を

心をこめて 走ろうと思う。

遠く離れていても 苦しい時に少しでもの(追い風)になれば・・・・・・。






  

これくらいの雨で・・・・・・・?

早朝から電話・・・・・・・。

イヤな予感そのまま 「今日のマスターズは中止です」の一言。

昨夜は 予定変更して品行方正、早寝したのにと雨空を見上げる。

車からバッグや リュックを持ち帰り片づける。

「こんなものまで 準備して・・・・」と 健気な?自分が可哀そうになる。
 

新聞にカシアス クレイこと 元ボクシング世界チャンプ死去の報。

何となく カイロのでっかい(モハメド アリ)モスクを思い出す。

ラマダンの時期だったが おれたちには無関係。

アルコールは飲めるし あまり旨くない食事でマム(鳩}も食った。

あの時 かなり多く買った(パピルス)はどこへ いった?

ついでに 押入れの中を探してみよう。

つまらない事が 頭をよぎる。


言い訳繕う その前に・・・。

梅雨入り・・・・・・・?

中国地方が今日からだとニュースが流れている。

明日の大会を待ちかねていたようだ。

仕方がない。

向こうにもいろいろ都合があってのことなのだ。

降りたくて降るのではない。


今夜 ネオン街(もう 死語かな)に出かけてみよう。

本来 レース前日は心静かに早く寝るのが優等生だ。

おれは れっきとした劣等生。

逆効果を狙って すねてみると何年か前 いいタイムが出たのだ。

味をしめて 毎回のようにうろつく。

「夕べ 飲みすぎたからなーー」

言い訳には 一番説得力があるはずだ。


もう ポツリときた。

それでも 夜は律儀にでかけよう。

それにしても・・・・・・・・・・・。

言い訳も結構 高くつくなあ。




 

走るのに理屈はいらん!

ここしばらく 爽やかな好天が続き走り込んだ。

おかげで すっかり日焼けして裏表の区別が難しい。

2日後の 県マスターズから11月までレースが目白押しである。

また 6ヶ月あまり緊張の日々を送ることになる。


試合や練習で苦しい時 人として歩んできた道を悔い 「贖罪」の

気持ちが働いているのかも知れない。


今日も快晴!

汗とともに 雑念を流してこよう。






プロフィール

FC2USER351731WCE

Author:FC2USER351731WCE
ランニングを始めて23年目
少年の頃からやっていた野球も軟式のスピードにもヨタヨタして追いつけず55才で引退
何かお金のかからない遊びは?
あったぞー。
靴一足で一年いけるランニング。ではそろそろと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。